ダイナミックな踊りを披露する獅子舞=鳴門市鳴門町の鳴門ウチノ海総合公園

 鳴門市の伝統芸能が一堂に会する「鳴門のまつり」(市自治振興連合会主催)が16日、同市鳴門町の鳴門ウチノ海総合公園であり、1万2千人の市民でにぎわった。

 市内外の17団体が、地元に伝わる踊りや子どもみこしなどを披露。大麻町桧地区の「桧獅子舞保存会」は、約400年前から続く獅子舞を演じ、2匹の獅子が豪快に踊ったり、ぶつかり合ったりして会場を沸かせた。

 こまや竹馬など昔の遊びにふれたり、消火活動を体験したりできるブースもあり、子どもたちが詰め掛けた。

 鳴門西小学校4年の中山陽菜乃さん(10)は「いろんな遊びが体験できて楽しかった」と話していた。