甘い香りを漂わせているキンモクセイ=徳島市南田宮2の田宮運動公園

 18日午前の徳島県内は、湿った空気が流れ込んだ影響で雲が広がった。朝の最低気温は各地で平年を5~9度上回り、8月下旬から9月中旬並みの暖かさとなった。

 徳島地方気象台によると、この日朝の最低気温は美波町21・4度(平年15・3度)、徳島市21・0度(15・0度)、三好市東祖谷京上17・5度(8・3度)など。日中の最高気温は徳島市と美波町でそれぞれ27度、三好市池田町で26度と予想されており、蒸し暑い一日となりそう。

 徳島市南田宮2の田宮運動公園では、キンモクセイが淡いオレンジ色の小さな花を無数に付け、周囲にひときわ甘い香りを漂わせている。愛犬と散歩に訪れていた同市南田宮3のパート従業員梅原三恵子さん(43)は「秋の訪れを感じます」と話していた。

 19日は引き続き湿った空気の影響で曇り空となる見込み。