海外の旅行会社に四国の観光資源を売り込んだインバウンド商談会=アスティとくしま

 海外の旅行会社に四国観光をPRしてインバウンド誘客につなげる「インバウンド商談会2016」(四国運輸局など主催)が19日、徳島市のアスティとくしまであった。四国4県の宿泊施設や交通事業者など約90団体が参加し、地域の観光資源を紹介した。

 中国、シンガポール、フランスなど7カ国・地域から18社が訪れ、商談会会場にブースを設置。4県の参加団体はブースを回り、観光施設の特長やアクセス、旬の食材、四季折々の自然などの魅力を説明し、インバウンドを呼び込むツアーを企画するよう求めていた。

 観光施設・大歩危峡まんなか(三好市)の和田里吉弘支配人は「効果的に見どころを伝えられた。新たな販路開拓につなげたい」と話した。

 商談会に先立ち行われたセレモニーでは、四国運輸局の瀬部充一局長が「四国はお接待文化や日本の原風景があり、日本の魅力が凝縮されている。この機会を四国向け旅行商品の企画に役立ててほしい」とあいさつした。