決勝・徳島大学対石井町体協 七回裏2死一、二塁、徳島大学の米田正人さんが三塁ゴロを放つ。一塁悪送球を誘い、決勝点につながった=阿南市のJAアグリあなんスタジアム

 第2回県500歳野球大会(阿南市、徳島新聞社主催)は23日、同市桑野町のJAアグリあなんスタジアムで準決勝と決勝が行われ、徳島大学(徳島市)が初優勝し、参加12チームの頂点に立った。石井町体協オールドスターズとの決勝では、息詰まる投手戦の末に延長七回、4-3でサヨナラ勝ちした。優勝、準優勝の両チームには、来年7月15~17日に秋田県大仙市で開かれる「第1回全国500歳野球大会」への出場権が与えられた。

 [評]徳島大学が延長戦にもつれ込む接戦をものにした。同点で迎えた七回裏、2死一、二塁から米田さんの三塁前へのゴロが相手の送球ミスとなり、二塁走者の富永さんが生還した。守っては、米田さん、富永さんの継投で相手打線を3安打に抑えた。

 石井町体協は、浦崎さんの2点打などで初回に3点を先行したものの、打線が振るわなかった。