ハロウィーンに合わせた仮装パレードで練り歩く子どもら=板野町のあすたむらんど徳島

 板野町那東のあすたむらんど徳島で29日、初めてのハロウィーンイベントが始まり、家族連れらが思い思いの姿に扮(ふん)した仮装パレードや、仮装コンテストを楽しんだ。

 園内には午前中から魔女やアニメキャラクターなどの衣装を着た人が次々と訪れ、イベント広場でコンテストの写真を撮影。午後2時からはパレードがあり、徳島商業高校吹奏楽部を先頭にお姫さま、メイドなどさまざまな仮装をした子どもら約200人が、約720メートルを練り歩いた。

 人気アニメ「プリキュア」の衣装でパレードに加わった藍住北幼稚園の神原聖菜ちゃん(5)は「プリキュアの衣装を着られてうれしい。楽しかった」と喜んでいた。

 オープン15周年を記念して初めて実施。パレードは30日まで。コンテストは30、31の両日午前10時半からも受け付け、結果は11月15日にホームページ上で発表する。