熟れ始めた富有柿を丁寧に収穫する農家=上板町

 柿の産地として知られる上板町で富有柿の収穫が始まった。

 同町泉谷の農業中村伝市さん(88)の果樹園(約30アール)では、鈴なりの実が赤みを帯び始めた。中村さんは「少し緑っぽいのがうまい」と言いながら、一つずつ熟れ具合を確かめ、はさみで丁寧に枝から切り離している。10月下旬から個人向けやJAに出荷しており、作業は11月中旬まで続く。

 2日の県内は高気圧に覆われ、青空が広がった。徳島地方気象台によると、徳島市の朝の最低気温は11・3度(平年12・1度)と平年並みだった。文化の日の3日も県内は高気圧に覆われる見通しで、行楽日和となりそうだ。