応募作品を審査する選考委員=徳島新聞社

 新聞記事を切り抜き、見出しや感想を添えたオリジナル紙面の出来栄えを競う「第4回徳島新聞切り抜き作品コンクール」の最終審査が16日、徳島市の徳島新聞社であった。最優秀賞に中学生部門の木本静香さん(12)=椿町中1年=ら4人の作品が選ばれた。

 中学生と小学校低・中学年(1~4年)、高学年(5、6年)、恐竜関連の記事をまとめた「恐竜」の4部門に917点の応募があった。選考委員5人が1次審査を通過した101点のレイアウトや見出しを見比べながら審査。各部門から最優秀賞1点のほか、優秀賞2点、優良賞3点を選んだ。

 表彰式は12月18日に徳島新聞社で行う。

 木本さん以外の最優秀賞は次の皆さん。

 [低・中学年]湯浅聡一郎(10)=鳴門教育大付属小4年[高学年]川西湊太(10)=伊島小5年[恐竜]大橋颯流(7)=徳島文理小1年