収益の一部がホタル保護に役立てられるTシャツとエコバッグ

 国天然記念物に指定されている吉野川市美郷地区のホタルをモチーフにしたマスコットキャラクター「ほたむん」のTシャツやエコバッグが完成した。ホタル保護の機運を高めるのが目的で、美郷梅酒まつりが開かれる26日から美郷ほたる館(同市美郷宗田)で販売する。収益の一部はホタルの保全活動に役立てる。

 Tシャツとバッグには、ほたむんのイラストと、ホタルの生息環境保護を呼び掛ける「NO RIVER NO SHINE(美しい川がなければホタルは輝けない)」のメッセージがプリントされている。

 バッグは縦横約40センチの手提げ用と肩掛け用の2種類で、色はベージュのみ。Tシャツはピンク、ブルー、紺の3色がある。価格(全て税込み)はバッグの手提げ用が千円、肩掛け用が2千円。Tシャツは2500円。

 ほたむんは、ホタルと美郷特産のウメを表す英語のプラムを組み合わせて名付けた。デザインした志摩守彦さん(44)=徳島市上助任町=らがグッズ販売を通して美郷のPRとホタル保護に一役買おうと企画した。

 収益の一部は、ホタルの環境調査などに取り組む同館指定管理者のNPO法人美郷宝さがし探検隊に寄付する。

 志摩さんは「ホタルは環境の変化に左右されやすい生き物。グッズの購入を通して保護への意識が高まってくれれば」と話している。