総務省が25日公表した2015年分の政治資金収支報告書で、徳島県関係の「国会議員関係政治団体」(県選管提出分除く)の報告内容が分かった。

 自民党の山口俊一衆院議員の資金管理団体「政経創造研究会」は収入総額が2706万円(前年からの繰越額は302万円)で、支出は2346万円だった。後藤田正純衆院議員の資金管理団体「若葉政経懇話会」は、収入総額が6374万円(2492万円)で、支出は3421万円となっている。

 福山守衆院議員の資金管理団体「総合政策懇話会」は、収入総額が2465万円(855万円)で、支出は1010万円。福山氏が代表の「自民党徳島県衆議院比例区第1支部」は収入総額が4891万円(2725万円)で、支出が1698万円。

 中西祐介参院議員の政治団体「中西祐介後援会」では、収入総額が1575万円(198万円)、支出は1181万円。中西氏が代表の「自民党徳島県参議院選挙区第2支部」は、収入総額が1765万円(318万円)、支出は1163万円だった。

 旧民主(現民進)党の仙谷由人元衆院議員の資金管理団体「制度改革フォーラム」は、収入総額が44万円(44万円)で、支出が3万円。仙谷氏関係の政治団体では「仙谷由人全国後援会」の収入総額が441万円(376万円)で、支出は1万円未満だった。

 各団体の収入、支出とも千円以下は切り捨て。