初滑りを楽しむスノーボーダーら=三好市井川町の井川スキー場腕山

 三好市井川町井内西の井川スキー場腕山で9日、今季の営業が始まった。時折雨が降る悪天候にもかかわらず、県内外から訪れた約160人の愛好家が初滑りを満喫した。

 県のマスコットキャラクター・すだちくんが滑走を披露してオープニングを飾った。スキーヤーやスノーボーダーは次々にリフトに乗り込み、人工雪で整備された中級者向けの「パノラマコース」(全長約430メートル、幅約15メートル)で鮮やかなシュプールを描いた。初級、上級コースも来年1月中旬までに順次オープンする。

 スキー場は今年10月に指定管理者が代わり、石鎚登山ロープウェイ(愛媛県)が運営に当たっている。今季の営業は来年3月12日までで、営業時間は午前9時(土日祝日は8時半)~午後4時半。1、2月の土曜はナイター営業(午後5時半~10時)も行う。問い合わせはスキー場<電0883(78)3003>。