女子ダブルス決勝でプレーする高橋礼(奥)・松友組=ドバイ(共同)

 [ドバイ共同]バドミントンのスーパーシリーズ・ファイナル最終日は18日、アラブ首長国連邦のドバイで各種目の決勝が行われ、女子ダブルスで2年ぶり2度目の優勝を狙ったリオデジャネイロ五輪金メダルの高橋礼華、藍住町出身の松友美佐紀組(日本ユニシス)は陳清晨、賈一凡組(中国)に1-2(15-21、21-13、17-21)で敗れ、準優勝に終わった。

 ファイナルは種目ごとに年間12大会のスーパーシリーズ上位選手や五輪覇者の8人または8組が出場できる。