目当ての品を探す来場者=徳島市のそごう徳島店

 徳島県内外の芸術家や著名人の作品を販売する第45回歳末チャリティー作品・色紙即売展(徳島新聞社、徳島新聞社会文化事業団主催)が20日、徳島市のそごう徳島店で始まった。22日まで。

 約170人が洋画や日本画、手工芸品など約420点を出品。阿南市出身の版画家吹田文明さん(東京都)や美波町出身のイラストレーター橋本シャーンさん(同)らの作品も並び、来場者は熱心に品定めしていた。

 歌舞伎役者の片岡愛之助さんや五輪金メダリストの高橋尚子さんらのサイン色紙はすぐに売り切れた。

 ガラスの花器を購入した那賀町長安の林業藤田真寛さん(78)は「売り切れる前に手に入れることができて良かった」と話した。

 同展の収益金は、県内の障害者団体や社会福祉団体などへの助成金に充てられる。