徳島県小児科医会 日浦恭一(徳島新聞朝刊 満1歳にて掲載)

 蕁麻疹を初発症状とする重篤な疾患にアナフィラキシーがあります。皮膚症状に加えて呼吸、循環器、神経症状など重篤な全身症状が現れ、生命の危険を感じる状態に陥る場合があります。

 アナフィラキシーの発生機序は蕁麻疹と同じように肥満細胞から出てくるヒスタミンやロイコトリエンと言う化学伝達物質によるものです。化学伝達物質が放出されると血管、平滑筋、知覚神経、粘膜細胞に作用し、毛細血管は拡張し、血管周囲への血流の増加と血管周囲への血漿成分の漏出を起こして膨疹や紅斑を生じます。気管支平滑筋は収縮して気管支けいれんを起こします。鼻粘膜細胞を刺激することで鼻汁が出ます。一時的に大量の化学伝達物質が放出されると全身臓器に反応が起こりますから全身に強い症状が発生します。これがアナフィラキシーです。

 アナフィラキシーの中でも皮膚や粘膜だけに止まるものは軽症で緊急性はありません。血圧低下や呼吸困難、意識障害などが見られる場合には重症ですから速やかな診断、治療が必要です。

 アナフィラキシーは症状の発生から進行が速やかですから重症度の判断が急がれます。

 小児のアナフィラキシーの原因には食物が多く、成人では食物、薬剤、虫刺などが多く年齢とともに変化します。

 アナフィラキシーは集団生活の中で摂取する原因食物が問題になります。原因食物が明らかな場合には周囲の人に十分告知しておき、原因食物を完全に除去することと緊急時の対応を周知して予防することが大切です。