徳島県小児科医会 日浦恭一(徳島新聞朝刊 満1歳にて掲載)

 B型肝炎に感染すると一過性感染で終わる場合と持続感染になる場合があります。

 B型肝炎ウィルス(HBV)感染は年齢が低いほど免疫応答が弱くウィルスを排除することが出来ないために、肝臓にウィルスが棲みつづけて持続感染になります。持続感染には症状が出ないままに体内にウィルスを持ち続ける無症候性キャリアと、長期間に渡りゆっくり肝臓が破壊されて、やがて肝硬変や肝がんにいたる慢性肝炎があります。

 このような持続感染は年齢が低いほど起こりやすく、1歳未満では90 5歳までは20 50 10歳代以降では5 10%と言われます。HBV感染はウィルスを含む血液に接触した時に最も起こりやすいので、HBVキャリアの女性が出産する時 児に起こる母子感染が最も危険性が大きいと考えらえます

 これに対して成人など一定の年齢以上の人がHBVに感染すると約30%の人が急性肝炎を発病し、残りの人は不顕性感染となります。HBVは肝細胞の障害性が比較的弱く、急性肝炎を発病した場合でも症状が軽く、多くは予後の良好な肝炎とされます。しかしその中で約2%は劇症肝炎となり、劇症肝炎の約70%が死亡すると言われます。

 HBV感染した後に治癒した急性肝炎ではHBVに対する抗体ができてウィルスが排除されますが 感染したHBVの遺伝子は肝細胞核内に取り込まれて長く残ることが分かっています 持続感染でも一過性感染でもHBVまたはその遺伝子が長期間に渡り、肝細胞核内に留まり宿主の抵抗力の減弱に伴って再活性化する危険性があります。