鳴門市の阿波踊りが9日から11日までの3日間、市中心部の演舞場などで繰り広げられる。昨年に続いて吉本興業の芸人らがゲストで登場し、盛り上げに一役買う。

 有料演舞場は鳴門駅西側に東演舞場と西演舞場が設けられ、連日、市阿波踊振興協会の所属連など約30連が踊り込む。ゲストは9日が市阿波おどりPR大使の石田靖さん、間寛平さんら。10日は鳴門観光大使の板東英二さん、タレントの上野優華さん、11日はボートレース鳴門のPR大使を務める池乃めだかさんら。

 誰でも自由に参加できる「にわか連」は3日間とも、東演舞場は午後8時、西演舞場は同9時に踊り始める。

 開幕に先立ち、9日午前10時から鳴門公園千畳敷(鳴門町土佐泊浦)で「なると市連」が初踊りを披露する。同11時半からは四国霊場1番札所・霊山寺(大麻町板東)で熊本地震による犠牲者の鎮魂と早期復興を願う乱舞を繰り広げる。

 8日午後6時半からは市文化会館で選抜阿波踊り大会もあり、同協会の所属連などによる舞台が楽しめる。

 有料演舞場の前売り券(600円)は一部コンビニや市うずしお観光協会で販売している。当日券(800円)は両演舞場近くに設ける販売所で取り扱う。選抜阿波踊り大会の当日券(800円)は市文化会館で購入できる。

 阿波踊り期間中の駐車場と交通規制は<別図>の通り。規制は午後6時半から同10時半まで。問い合わせは実行委<電088(684)1746>。