徳島市の阿波踊りを盛り上げる「選抜阿波踊り大会前夜祭」(市観光協会、徳島新聞社主催)が11日、アスティとくしまで開かれる。有名連33連から選ばれた約700人が鍛え抜かれた踊りと練熟した鳴り物で観客を魅了する。

 「阿波踊り、70年の時空を超えて」をテーマにした第1部は、県阿波踊り協会17連の踊り子による今昔の踊り絵巻で幕を開ける。次代を担う子どもたちが元気いっぱいに乱舞し、粋な女法被やちょうちん踊りなど個性豊かなパフォーマンスを繰り広げる。

 阿波おどり振興協会の16連が出演する第2部のテーマは「お調子者! 笑顔と技と心意気~心を繋いで踊らんで」。天水連と阿呆連の踊り子が「奴凧踊り」で競演するほか、鳴り物と踊りが絶妙に調和した集団美、男踊りの名手5人が披露する妙技も見どころの一つだ。

 公演は午前11時と午後3時、同7時の3回。当日券は午前10時から会場で販売する。