SAKEROCK時代から知っているかどうか。星野源さんの一部ファンの間で「古参」と認定されるための指標だそうです。これには賛否両論あるようですが、徳島県出身の米津玄師さんのファン歴を語る際にも、「ハチ」時代から知っているかどうかが話題に上ることは多いのではないでしょうか。

 残念ながら記者は「アイネクライネ」以降の米津さんしか知りません。米津さんのミュージックビデオのコメント欄などで「ハチ時代から知ってるけど…」といった書き込みを見るたびに申し訳ない気持ちになります。米津さんの記事を書く上で、こんな浅い知識でよいのか-それが大きな悩みでした。

 そうして悩んだ末に、一つの結論に行き着きました。今更ハチ時代の米津さんを応援し直すことはできません。しかし、ハチをイチから勉強することはできます。きちんと勉強すれば「古米」と呼ばれる古参の「米民」(米津さんファンの通称)にも負けない知識を身に付けられるかもしれない-と。

 幸い、ハチ時代の発表作品の多くは現在もニコニコ動画やCDで視聴できます。発表年月の古いものから順に歌詞や曲の特徴を学びながら、米津さん名義の最新作「Flamingo/TEENAGE RIOT」までたどり着ければ、今まで見えなかった作品世界の全貌が見えてくるかもしれません。

 ということで新企画「目指せ米民! ハチ&米津楽曲88番勝負」(仮称)をスタートさせたいと思います。ハチ時代に詳しい識者に心当たりがありませんので、あくまで1人で米津さんの作品を眺めるだけのコーナーです。どれだけ時間がかかるか分かりませんが、皆さんも一緒に勉強してみませんか?

 今回から早速、企画を始める予定だったのですが、宿題だったご報告がありますので開始は次回以降とさせていただきます。ご報告は、昨日結果が発表された「米津玄師2019TOUR/脊椎がオパールになる頃」の最速先行抽選についてです。1月20日のアスティとくしま公演、家族4人分、無事当選しました。

 既にご報告させていただいていた通り「Flamingo/TEENAGE RIOT」を全3形態購入し、1月20日分だけに3口応募していました。発表時間の延期でヤキモキしましたよね? 記者のところには落選メール2通だけが午後8時半に届いたので、慌ててサイトに確認に行きました。当選メールが着いたのは9時半でした。

 徳島公演に1、2口応募した上司や同僚は軒並み落選したそうです。想像以上に狭き門だったのかもしれません。残念ながら落選された皆さんにも、新たなチャンスとなるオフィシャル先行抽選が本日(11月14日)午後11時59分まで受け付けられておりますので、挑戦されてみてはいかがでしょうか。(R)