前市長の辞職に伴う美馬市長選が12日、告示される。立候補を表明しているのは、元県議で無所属新人の藤田元治氏(54)=美馬町宗ノ分=だけで、無投票の可能性が濃厚になっている。立候補の届け出は午前8時半から午後5時まで、市役所で受け付ける。

 藤田陣営は午前9時から、同市美馬町宗ノ分の事務所で出陣式を開く。市議20人のうち支持を打ち出している19人や、県選出国会議員らが参加する予定。藤田氏は支援者を前に第一声を上げた後、選挙カーで市内を巡回し「工場立地の推進による雇用創出」「福祉の充実」「観光振興」などの政策を訴える。

 一方、候補者擁立を目指している市内の政治団体幹部は「友好団体と候補者を選び、届け出書類に記載済み。ただ上部団体の了解が得られていない」と話しており、出馬するかどうかは微妙な情勢。

 選挙戦になった場合、投票は19日午前7時から午後8時まで市内30カ所で行われる。開票は午後9時15分から脇町新町のうだつアリーナで。

 2日時点の有権者数は2万5980人(男1万2229人、女1万3751人)。