自民党徳島県連の山口俊一会長は7日、徳島市のホテルグランドパレス徳島で開いた常任総務会で、初の合区となった7月の参院選について「合区はさまざまな難しい問題があり、有権者の反発が強かった」と総括し、党執行部に対して早急の見直しを促す考えを示した。

 「徳島・高知」選挙区で中西祐介氏、比例代表で元高知県議の中西哲氏と友党・公明党の谷合正明氏の3氏が当選したことを「県連が一致結束して取り組んだ結果だ」と高く評価した。

 合区については「参院選で解消を徳島、高知両県民に約束したので、しっかりと取り組んでいく」と強調。高知県連と合区選挙を検証し、同じく合区となった鳥取、島根両県の県連と共に近く党執行部に対して見直しの議論を早急に開始するよう求める意向を示した。

 常任総務会では、山口会長の再任を内定した。他の執行部人事は山口氏に一任し、10月1日に開く定期大会で正式決定する。