徳島県の飯泉嘉門知事は23日、参院選挙区の合区の早期解消を求める全国知事会の決議文を衆参両院議長に提出した。飯泉知事によると、伊達忠一参院議長は「参院独自の問題として、しっかりと解決しなければならない」と述べ、議論を急ぐ考えを示した。

 飯泉知事はこの日、全国知事会の総合戦略・政権評価特別委員会委員長として大島理森衆院議長、伊達参院議長に相次いで面会。7月の参院選で合区された徳島、高知両県の投票率が低下したことなどを挙げ「都道府県ごとに集約された意思が国政に届けられなくなるのは非常に問題」と憲法改正を含めた議論を求めた。

 伊達氏は「憲法を改正してでも何とかしたいが、いろいろ難しい点がある」と話し、立法措置による解決を模索する意向も示した。同様に要請を受けた大島氏は「一義的には参院の話になるが、立法府全体で考えていかなければならない問題だ」と応じた。