徳島県選挙管理委員会は2日、同日時点の県内の選挙人名簿登録者数を公表した。総数は65万692人で、前回登録時(6月2日)より1万2334人増えた。選挙権年齢の引き下げに伴い、今回から18、19歳の有権者数が反映されている。

 男女別では、男性が6280人増の30万7194人、女性が6054人増の34万3498人となった。

 有権者は全24市町村で増加し、最も増えたのは徳島市の4612人。阿南市1294人、鳴門市947人、藍住町725人と続く。

 衆院選の選挙区別では、徳島1区(徳島、小松島、阿南の3市と勝浦、名東、名西、那賀、海部の5郡)が37万5364人。徳島2区(鳴門、吉野川、阿波、美馬、三好の5市と板野、美馬、三好の3郡)は27万5328人。