小松島市の浜田保徳市長(59)=同市櫛渕町中田=は7日の市議会9月定例会議で、来年2月2日に任期満了を迎える市長選に再選を目指して出馬する意向を明らかにした。廣田和三氏(新風はなみずき)の一般質問に答えた。

 浜田市長は「引き続き市長としての責務を果たし、さらなる小松島の発展に尽くしたい」と述べた。

 1期目を振り返り、津波避難場所となる人工高台の整備や立江、坂野両中学校の統合を進めたことなどを強調。「赤字財政下で先送りされてきた基幹的な社会基盤整備はある程度できたが、具現化に至っていないものもある」とし、災害対策や産業振興、子育て支援などに取り組む意欲を示した。

 浜田市長は県立農業大学校卒。2007年4月の市議選で初当選。2期目途中の13年1月の市長選に立候補し、初当選した。

 市長選への立候補表明は、浜田市長が初めて。市長選の投開票日は来年1月中旬~下旬の見通し。