[磯]<中林>15日、強い北の風だが波は穏やか。アイゴは、エンバエ西で25~35センチを5匹と25センチのマダイ1匹。西の胴でも25~30センチを6匹と20~25センチのマダイ4匹。東で25~30センチを3匹と30、35センチのチヌ2匹。東の胴では25~30センチを6匹と24~28センチのマダイ12匹。ヨコスは25、30センチを2匹と27~35センチのチヌ3匹、25センチのグレ2匹。高崎では小松島市の東川原久幸さんが25~35センチを4匹と35~45センチのチヌ6匹、25~30センチのグレ3匹。阿南市の魁生司さんも25~35センチを23匹と30~35センチのチヌ5匹、25~30センチのグレ4匹。別の人が25~35センチを5匹と25~30センチのチヌ、25センチのグレを各3匹。港を出てすぐの消波ブロックでは25~35センチを5匹と27~35センチのチヌ6匹、20~25センチのマダイ4匹。

 <由岐>15日、潮は下り気味で水温20度。カツオバエで30センチのグレ1匹と25~29センチのアイゴ30匹。ムギバエでは25~28センチの本ハゲ12匹。大ネムリは30センチのイサギ1匹と28~30センチのアイゴ30匹。テグスでは25~28センチのグレ7匹と同型のアイゴ30匹、25~33センチのイサギ4匹。

 <大島>15日、水温20・3~21・4度。グレは、粟林で23~34センチを6匹と27~32センチのアイゴ4匹、45センチのハマチ1匹。沖ノハエでは25センチを1匹と30センチのアイゴ3匹。馬ノ背で30~35センチを5匹と30センチのイサギ2匹。ジョウギは29~39センチを18匹と25センチのイサギ1匹。別の人も30センチを1匹と同型のイサギ1匹。マナイタでは47センチのイシダイ1匹と25センチのアイゴ3匹。同地で40センチを1匹と25~27センチのイサギ5匹。オシドリで29~39センチを21匹と25~31センチのイサギ3匹。中ノハエは30~35センチを6匹。高橋バエで30~43センチを7匹。桃オチは29~35センチを6匹。

 <宍喰>15日、北東の風がやや強く波も少しあった。水温21度。地杓子で33・5センチのグレ1匹。南ワレでは30、32センチを2匹。

 [波止]<沖洲>15日、新町川河口左岸の突堤で10時から3時間、沖アミではミズセがよく掛かったため、ネリ餌でウキをゆっくり沈め26、28センチのチヌ2匹。アタリは底付近であった。

 <小松島沖ノ一文字>15日、チヌは、赤灯で30、38センチを2匹。同所と中央の間で28センチを1匹と40センチのアイゴ1匹。中央付近で28センチを1匹とグレ1匹。少し白灯寄りで28センチ前後を3匹。イシゴカイを餌に別の人は同型を1匹と同型のグレ3匹。

 [イカダ]<宍喰>15日、沖のカセは1号で3人が28~34センチのグレ9匹と25センチのアイゴ1匹。

 [船釣り]<鳴門海峡>15日、6時ごろ出船し約8時間、大阪府の脇田さんら6人が生きたイワシを餌に胴突き1本バリ仕掛けで40~55センチのヒラメ22匹と48センチのキジハタ、75センチのメジロを各1匹、50センチ前後のハマチ3匹。(県釣連盟報道部)