自民党の二階俊博幹事長は1日、徳島市の徳島グランヴィリオホテルであった党徳島県連の定期大会で講演し、7月の参院選で初めて導入された合区について「(1票の格差是正の)緊急避難措置であり、解決策を見いださなくてはいけない」と述べ、合区の早期解消に強い意欲を示した。

 自民党は合区解消に向け、党内に総裁直属の協議機関を設置し、年内にも意見集約する方針を示している。二階氏は「この課題にどう対処し乗り越えていくか、地元の国会議員と相談しながら意見をまとめていきたい。自民党を信頼してほしい」と語り、党内の意見集約に全力を挙げる考えを示した。

 また7月の参院選が「徳島・高知」選挙区で行われたことに対し「大変迷惑を掛けた。わが身に置き換えれば大変なこと。言わんとするところはよく分かる」と語り、合区解消を強く求める県連の立場に理解を示した。

 二階氏は大会後に同所で引き続き行われた県連のパーティーでもあいさつに立ち、中央省庁の地方移転を巡って徳島県が消費者庁の誘致を目指していることについて「(移転の意義を)改めて痛感しており、お手伝いをさせていただきたい」と述べた。