共産党は5日、次期衆院選小選挙区の第1次公認候補者として現職11人を含む計254人を発表した。小池晃書記局長は記者会見で追加公認に関し「検討している選挙区はある。調整中だ」と述べた。自由、社民両党などの現職がいる沖縄2~4区では共闘を重視し、擁立しないとしている。

 1次公認には、徳島1区の山本千代子氏(67)=徳島市中島田町1=と、徳島2区の久保孝之氏(53)=阿南市羽ノ浦町岩脇=が含まれている。