三好市の黒川征一市長(69)=同市池田町中西=が、任期満了に伴う来年7月の三好市長選に、再選を目指して立候補する意向を固めた。既に後援会幹部らには伝えているもようだ。9日の市議会12月定例会議一般質問で表明するとみられる。

 黒川市長は2013年7月の就任以来、財政健全化に取り組むとともに子育て支援や雇用の拡充、教育の充実などを進めてきた。庁舎の移転新築をはじめ、市が所有するサンライズビルや船井電機池田工場跡地の活用など重要課題が道半ばである上、17年10月にはラフティング世界選手権が控えていることから、引き続き市政を担う決断をしたとみられる。

 黒川市長は法政大文学部卒。1999年の県議選で初当選。4期目途中の2013年7月の市長選に立候補し、初当選した。

 市長選の日程は3月ごろに決まる見通し。これまでに同市長選に立候補を表明した人はいない。