J2徳島ヴォルティスは6日、J1のG大阪から昨季、期限付き移籍していたDF内田裕斗(20)が徳島へ完全移籍すると発表した。

 大阪府出身の内田はG大阪の下部組織で育ち、出場機会を求めて徳島に期限付き移籍。左太ももの肉離れで5月末からしばらく戦線を離脱したが、リーグ戦26試合(2得点)に出場した。積極的なドリブル突破と正確なクロスで存在感を発揮した。内田は「昨季はけがをしながらも出場機会を得て、チームから必要とされていると強く感じた。シーズンを通して出場できた経験を生かし、今季はJ2優勝を目指して戦う」とコメントした。