17日、モルディブで大統領就任の宣誓をするソリ氏(左)(AP=共同)

 【ダッカ共同】インド洋の島国モルディブで17日、9月の選挙で勝利した野党連合のソリ氏が大統領に就任した。ヤミーン前大統領の親中国外交からの脱却を訴えており、就任式にはヤミーン政権下で関係が微妙だったインドのモディ首相が出席、政権交代を印象付けた。

 モルディブのメディアによると、ソリ氏は式典で「インド洋の安定を守るため、インドや近隣諸国との関係向上を目指す」と演説した。

 ソリ氏は、2度の非常事態宣言や野党指導者らの逮捕といったヤミーン政権の強権政治からの転換も図る方針。