POLUが奏でる音楽に合わせて打ち上がる花火=徳島市の万代中央埠頭

 中学生シンガー・丸山純奈さんのバンドPOLUが18日、徳島市万代中央埠頭で行われたイベント「アクア・チッタフェスタ2018」で、花火とコラボレーションしたライブ「音楽花火」を披露した。音楽花火への出演は3年連続3回目。

 特設ステージに登場したPOLUは、アップテンポなナンバー「夢見る虹色」を演奏。音楽に合わせて次々に花火が打ち上げられ、観客は音楽と花火の競演に見入った。演奏の後、観客がそろって「POLU最高!」とステージに声をかけるサプライズがあり、丸山さんは「涙が出そう」と感激した様子で応えた。

ボーカルの丸山純奈さん

 音楽花火の後はアンコールに応え、丸山さんのアカペラで始まる「Sing」、結成のきっかけとなった埠頭のイメージソング「ミズイロ」、しっとりとしたバラード「おまもり」を奏でた。

 友人と来場した徳島市の会社員、矢本和美さんは「曲の盛り上がりと花火が連動していて最高でした。POLUは徳島の誇りなのでこれからの活躍を期待しています。活動を再開する春が楽しみです」と話した。

 POLUは万代中央埠頭のイメージソングを歌うために2016年秋に結成し、同年のアクア・チッタフェスタでお披露目された。POLUはアクア・チッタフェスタを最後に、2019年春までライブ活動を休止する。

 ◆「音楽花火」出演を終えてPOLUのコメント

 丸山純奈さん「3回目の音楽花火で、1回目よりいいライブができて楽しかったです。皆さんから『POLU最高!』と言ってもらえて感動して泣きそうになりました。あたたかく見守ってくれてうれしかったです。少しの間休みますが、気長に待っていてください」

 バンさん「東京や大阪など、遠くからも来てくれた人がいて、温かい言葉を掛けてくれて、感動しながら演奏しました。いろいろな人に支えられていると感じます。POLUとして成長するため、前に進むための休みです。春に大きくなったPOLUを見てもらえたらうれしいです」

 蜂蜜金柑熊五郎さん「今年はあまり寒くなく、演奏中は雨の心配もなく、楽しんでライブができました。POLUのライブは休みますが、もう一つのバンドTHE NINJAなどでもライブ活動があるので、そちらもよろしくお願いします。POLUはちょっとゆっくりします」

 柳本啓太さん「花火とのタイミングを合わせる緊張感で、毎年ドキドキしますが、POLUの一区切りなので自分のやりたいことをやりきりました。CDやYouTube動画などもあるので、POLUのライブがない間も寂しがらずに待っていてください」