DFの裏を突くスピードを持ち味とする山﨑

 「チームカラーである堅守速攻の速攻部分で起点になる」。187センチの長身ながら、相手DFの背後を突くスピードを武器に、激しいスタメン争いに名乗りを上げる。

 福岡大時代の2013、14年は特別指定選手としてJ1鳥栖に登録された。万能タイプの大型FWとして期待される中、正式に鳥栖に入団した昨季は左膝などのけがに悩まされ、出場は1試合にとどまった。「思うようなプレーができなかった悔しさがある。けがは完治しているので、キャンプではチームメートと連係を深め、自分の能力を高めたい」。クールな表情の中に並々ならぬ闘志をのぞかせる。

 Jリーグでまだ得点していないだけに「1試合でも早く1点を取ることが今季の目標」とした上で「徳島で結果を出し、日本代表入りに少しでも近づく」。高い志を抱く23歳は、縦への推進力という持ち味を存分に発揮し、チームを引っ張っていく。