今季初の練習試合で徳島の渡(左)がゴールを決め、2-0とする=高知市の春野総合運動公園球技場

 高知市で1次キャンプ中のJ2徳島ヴォルティスは29日、春野総合運動公園球技場で四国リーグの高知ユナイテッドSCと今季初の練習試合(35分4本)を行った。ボールを奪った後、素早く前線にボールを運んでゴールに結び付ける形が目立ち、キャンプを通して意識してきた「速い攻守の切り替え」が浸透しつつあることを裏付けた。

 徳島はゲーム全体を支配し、中盤から素早く2トップの長谷川悠、渡らにボールを入れてチャンスメーク。渡のハットトリックを含む9点を奪った。守っても自陣への戻りが速く、1点も与えなかった。雨が降ってグラウンドコンディションが悪い中で行われたこともあり、集中が切れて足が止まる時間帯もあった。