キャンプ終了後の初練習でペース走に取り組む徳島の選手=徳島スポーツビレッジ

 J2徳島ヴォルティスは17日、板野町の徳島スポーツビレッジでキャンプ後初の練習を行った。シーズン始動後から取り組む攻撃的で組織的なサッカーの仕上げを行い、28日のリーグ開幕戦に備える。

 14日の宮崎キャンプ終了後、2日間の休養日があり、選手たちはリフレッシュした様子だった。コンディション不良のGK長谷川徹、DFアレックス、MFカルリーニョスを除く25人が参加し、午前中は筋力トレーニングや5分間のペース走などを行った。午後からはボールワークを中心に約90分間、ピッチで汗を流した。

 長島監督は「フィジカル強化の成果は出ている。これまでの練習試合で浮き彫りになった課題を改善していく」と話した。

 23日の休養日を除いて練習を行い、21日にはJ3で2年連続8位の秋田と開幕前の最後の練習試合(非公開)を予定している。