【右】2時間53分40秒の大会新で女子総合3連覇を果たした加藤=海陽町蛇王運動公園【左】2時間27分25秒で5年ぶりに男子総合を制した上田

 第8回海部川風流マラソン(徳島陸協、海陽町など主催)は21日、1777人(男1344人、女433人)が参加して海陽町の蛇王運動公園を発着点に行われ、男子総合は上田康至(石井町・徳島AC)が2時間27分25秒で5年ぶり3度目の優勝を飾った。女子総合は加藤智子(北島町・アグレッシブ)が2時間53分40秒の大会新記録で3年連続3度目の栄冠に輝いた。男子の総合2位に石川佳彦(鳴門市・日亜化学)、3位に野々村哲也(徳島市・徳島大)が入った。女子の総合2位は仁木千賀(徳島市・DOORSRC)、3位は小浜潤子(上板町)。完走者は1656人(男1267人、女389人)で完走率は93・2%だった。