高松対広島 第2クオーター、高松のジョンソンがシュートを決めて54-21とする=サンフラワードーム北島

 バスケットボール男子のプロリーグ・TKbjリーグ徳島シリーズ最終日は13日、サンフラワードーム北島で行われ、ウエスタンカンファレンスの高松ファイブアローズが101-65で広島ライトニングを下し、同シリーズ2連勝を飾った。通算成績は高松が11勝29敗、広島が1勝37敗。高松は順位を一つ上げて10位、広島は12位のまま。観客数は608人だった。

 リーグはレギュラーシーズンが4月25日まであり、イースタン、ウエスタン各カンファレンスの上位8チームが30日からプレーオフを行う。