徳島インディゴソックスは24日、香川県さぬき市の志度総合運動公園で香川と対戦し、3-2で競り勝ち、2連勝を飾った。通算成績は4勝2敗となった。

 徳島は一回1死一、三塁から泰山とホーキンスの連続適時打で2点を先制。2-2で迎えた九回1死一、三塁から代打で出場した小林が中前適時打を放ち、勝ち越した。

 高知は1-0で愛媛を下した。