徳島対香川 6回裏、徳島は先頭の小林が今季初本塁打を放ち3-0と突き放す=三好市吉野川運動公園野球場

 徳島インディゴソックスは1日、三好市吉野川運動公園野球場で香川と対戦し、4-2で競り勝った。3連勝で通算成績を7勝3敗とし、単独首位に立った。

 愛媛は6-1で高知を下した。

 [評]徳島は鮮やかな先制攻撃で、試合の主導権を握った。一回、ジェフン、平間、泰山の3連打で2点。六回に小林の右越えソロ本塁打で点差を広げた後、八回にも内野ゴロの間に1点を加えた。先発のブランセマは七回を5奪三振、2安打無失点で今季初勝利。リリーフ陣は2失点したが、粘りの投球で逃げ切った。