【左】高橋礼華【右】松友美佐紀

 バドミントンのアジア選手権女子ダブルスの決勝が1日、中国・武漢で行われ、藍住町出身の松友美佐紀(24)と、高橋礼華(26)のペアが優勝した。リオデジャネイロ五輪出場は確実で、県人のバドミントンでの五輪出場は初めてとなる。

 女子ダブルスの選考基準は5日付で世界バドミントン連盟が発表する世界ランキング8位内。このほか、大陸枠があり、計16組が五輪に出場できる。松友組は現在1位。日本協会はランキングを受けて9日にも代表を正式に発表する。

 松友は藍住エンジェルで競技を始め、徳島中から聖ウルスラ学院英智高(宮城)に進んだ。1年時から奈良県橿原市出身で1学年上の高橋とペアを組み、日本ユニシスに入社した2010年から再びダブルスを組んで世界を転戦するようになった。

 14年の仁川アジア大会は銀メダル。同年のスーパーシリーズファイナルで日本勢として初優勝したほか、今年3月の全英オープンは日本勢では38年ぶりの優勝を果たした。

 県勢ではライフル射撃の山下敏和(39)=自衛隊、小松島高-中大出=と、女子マラソンの伊藤舞(31)=大塚製薬=の五輪出場が決まっている。