夢の創薬へ研究進む  わずかな量の血液でアルツハイマー型認知症の診断ができる画期的な検査方法が、実用化に向けて動き始めている。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。