[磯]<福村>20日、北西のやや強い風で波は穏やか。30センチ前後のアイゴの食いが活発。上総東で28センチのチヌ1匹を含み、持参した中型クーラー満杯。二階では10匹と28センチのチヌ1匹。

 <中林>20日、北の強い風で波はほとんどなかった。25~35センチのアイゴは、エンバエの西で12匹と24~26センチのグレ3匹。西の胴で4匹と20~25センチのマダイ6匹、28センチのイシダイ1匹。

 <大島>20日、波風ともに穏やかな釣り日和。ゆっくりとした下り潮が上り潮に変わり、水温19・8~20・2度。渡船は9隻が出て釣り人は約40人。23~35センチのグレは、地ソエで3匹。ヒッツキで6匹。ジョウギで2匹と28センチのイサギ1匹。別の人が4匹と35センチのアイゴ1匹。大バエで2匹と30~36センチのアイゴ7匹。別の人が2匹と31、36センチのイサギ2匹、40センチのハマチ1匹。

 <高知・甲浦>20日、晴天で波は穏やか。水温19・2度。30~37センチのグレは、ヒナダンで2匹。長兵衛で2匹と28センチ前後のアイゴ4匹。アオリイカ狙いはビシャゴ西で0・5~1キロを6匹。

 [波止]<旧沖洲突堤>18日、波風ともに穏やかな1日。沖アミを餌にフカセ仕掛けでチヌの食いが堅調。12時から4時間で25~32センチを5匹。別の人が同時刻25~40センチを3匹。

 [投げ釣り]<鳴門周辺>18日、徳島サーフキャスティング協会のカレイ投げ釣り大会行われ、32人が参加した。4時半までに受け付けし、随時出発して14時半までに亀浦漁港で計量。使用するサオは3本以内。カレイの長寸と匹数の成績を元に順位を決めた。優勝は徳島キャスターズクラブの古枝直輝さん、2位は悠友サーフの川野進司さん、3位は徳島セントラルサーフの坂東茂樹さん。優勝の古枝さんはアオイソメを餌に高島周辺で36・5センチを含み28センチまでのマコガレイ3匹。(県釣連盟報道部)