徳島インディゴソックスは25日、松山市の坊っちゃんスタジアムで愛媛と首位攻防戦を行い、7-8でサヨナラ負けした。通算成績は16勝10敗1分け。愛媛に前期優勝マジックナンバー3が点灯した。

 徳島は7-7の同点で迎えた九回無死二塁、ブランセマがバントの打球を悪送球する間に生還され、大事な天王山の一戦を落とした。2点リードされた三回、ジェフンの3点本塁打などで5点を奪い逆転したが投手陣がリードを守れなかった。

 香川は9-0で高知を下した。