幸長慎一

 日本陸連は22日、20歳未満の選手で争うU20世界選手権(7月19~24日・ビドゴシチ=ポーランド)の代表として、男子円盤投げの幸長慎一(四国大)ら44選手を発表した。

 幸長は6月上旬のアジアジュニア選手権に続く国際大会。アジアジュニアでは54メートル79を投げて3位に入賞した。砲丸投げでも自身のジュニア日本記録を20センチ更新する18メートル41をマークし、優勝している。

 男子100メートルは竹田一平(中大)と大嶋健太(日大)、200メートルは山下潤(筑波大)、棒高跳びは5メートル42の高校記録を持つ江島雅紀(神奈川・荏田高)が選ばれた。

 女子やり投げには北口榛花(日大)が名を連ねた。左太ももを痛めて日本選手権欠場が発表された男子短距離のサニブラウン・ハキームは選ばれなかった。

 大会はこれまで世界ジュニア選手権として実施されていた。