女子走り幅跳び決勝 標準記録を上回る5メートル59で優勝した阿南中の吉田=鳴門ポカリスエットスタジアム

 陸上の第27回徳島県中学校大会が25日、鳴門ポカリスエットスタジアムであり、男女30種目が行われた。8月21~24日に長野県で開かれる全日本中学校選手権(全日中)の指定大会で、男女4人が参加標準記録を突破した。女子走り幅跳びで吉田美優(阿南)が標準記録を14センチ上回る5メートル59を出したほか、男子3000メートルの生田琉海(阿南二)も標準より12秒37速い8分44秒63で優勝。女子1500メートルの小林璃々(羽ノ浦)が4分37秒44、男子3000メートルの黒上京太郎(城ノ内)が8分50秒81で、それぞれ出場権を得た。標準記録突破の4人と、男子棒高跳びの谷知篤(石井)が3メートル90で大会新を出した。