後半戦初戦の横浜FC戦に向けて練習に取り組む徳島の選手=徳島スポーツビレッジ

 後半戦の初戦となる10日の第22節で、徳島ヴォルティスは横浜市のニッパツ三ツ沢球技場で14位の横浜FCと戦う。キックオフは午後6時。白星発進し、巻き返しへ弾みをつけられるかが見どころとなる。

 今週の練習では、攻撃のフォーメーションを再確認。両サイドをつぶされて攻め手を欠いた第20節の金沢戦の反省から、サイドだけに頼らない攻撃を模索。中央付近から前線と連動する縦への動きを何度も繰り返した。

 横浜FCは6勝5分け9敗(勝ち点23)。6月に病気治療のため辞任したルス監督に代わって、2014年まで徳島の強化部長だった中田仁司氏が第19節から指揮を執っている。徳島と同様、得点力不足の解消を含め、戦術の立て直しを図っている段階だ。

 徳島としては0-3で完敗した5月の対戦と同じ轍(てつ)を踏まないよう、高さのある攻撃に対してマークを外さない守備を心掛けたい。引き気味に守る相手を崩す攻めにも一層の工夫が求められる。