熊本対徳島 後半、ヘディングで競り合う徳島の佐藤(左)=うまかな・よかなスタジアム

 明治安田J2第24節は20日、各地で11試合が行われた。徳島ヴォルティスは、熊本市のうまかな・よかなスタジアムで熊本と戦い、0-1で敗れ3連勝を逃した。徳島の通算成績は8勝4分け12敗の勝ち点28で、順位を13位に下げた。札幌は松本との首位攻防戦を1-0で制し、勝ち点を50に伸ばして首位を守った。松本は47で2位。3位C大阪は町田に1-3で敗れた。京都が讃岐を下して41で4位浮上。次節の徳島は24日午後6時から鳴門ポカリスエットスタジアムで、12位愛媛との四国ダービーに挑む。

 [評]徳島が試合最終盤に失点して競り負けた。前半はMFカルリーニョスのミドルシュートなどで相手ゴールを揺さぶったが、決定機を生かせず、0-0で折り返した。中盤の攻防が続いた後半42分、熊本のMF上原のミドルシュートをMF清武に頭で合わせられて先制点を奪われた。徳島のシュートは熊本と同じ11本だったが、いずれも精度を欠いた。