鳴門一対城東 後半4分、鳴門一の松木(左)が自身2点目のゴールを決め3-0とする=鳴門球技場

 第70回徳島県中学校総合体育大会(県中体連、県教委、徳島新聞社主催)第6日は21日、各地で5競技が行われ、それぞれ団体優勝校が決まった。軟式野球は鳴門一が22年ぶり5度目の優勝。サッカーは鳴門一が11年ぶり4度目の頂点に立った。バドミントン男子は徳島が33年ぶり3度目、女子の城東は31年ぶり11度目の栄冠。卓球は男子の城西が2年連続7度目、女子の津田が2年連続8度目の王座に就いた。テニス男子が鳴教大付属が2年連続2度目、女子は城ノ内が2年ぶり3度目の優勝を飾った。大会第7日の22日は卓球とバドミントンの個人戦が行われる。