ソフトテニス男子 団体1回戦・つるぎ対高崎商 第1ペアの大舘(左)と妹尾が快勝し、1-0とする=岡山県備前テニスセンター

 全国高校総合体育大会(インターハイ)第8日は4日、岡山市のジップアリーナ岡山などで11競技が行われた。徳島県勢は7競技に出場し、弓道男子団体の徳島科技が予選を突破して決勝トーナメントへ進出。決勝に臨んだ弓道女子個人の岡崎小夏(徳島市立)は、入賞を逃した。バレーボール女子は城南が予選リーグに挑み、敗者復活戦の末、決勝トーナメント出場権を獲得。ソフトテニス男子団体のつるぎは2回戦で敗退した。剣道男子団体の阿南工は予選リーグで1勝したが、決勝トーナメントには進出できなかった。卓球シングルスに出場した男子の長谷俊平(城南)、女子の濱川侑未(徳島市立)はともに3回戦で姿を消した。県勢は第9日の5日は7競技に出場する。