女子決勝トーナメント3回戦・城南対福井工大福井 第1セット、スパイクを打ち込む友成(右)=山口県スポーツ文化センター

 全国高校総合体育大会(インターハイ)第10日は6日、山口市の維新百年記念公園スポーツ文化センターなどで8競技が行われた。徳島県勢は6競技に出場し、バレーボール女子の城南が決勝トーナメント3回戦で福井工大福井に2-1で勝利した。続く準々決勝で下北沢成徳(東京)に敗れたものの、県勢として24年ぶりの8強入りを果たした。ソフトボール男子の徳島科技は盛岡中央(岩手)を1-0で下して3回戦へ進出。テニス女子シングルスの北本恵里奈(富岡西)と男子ダブルスの井内・溝渕組(城南)はいずれも2回戦で敗退。鳴門勢が挑んだなぎなた個人戦は予選突破者がいなかった。第11日の7日は3競技に出場する。