徳島対町田 後半7分、中盤で相手選手と競り合う徳島の渡(左から2人目)=鳴門ポカリスエットスタジアム

 明治安田J2第28節は11日、各地で11試合が行われた。徳島ヴォルティスは、鳴門ポカリスエットスタジアムで町田と戦い、1-1で引き分けた。徳島の通算成績は9勝6分け13敗の勝ち点33で、順位は13位のまま変わらない。首位の札幌は横浜FCに0-1で敗れ、勝ち点は59のまま。2位の松本は岐阜と1-1で引き分けて同53。C大阪は山口を2-0で下し、同51で3位に浮上した。次節の徳島は14日午後6時から岐阜市の岐阜メモリアルセンター長良川競技場で、20位の岐阜と戦う。

 [評]1点を追う徳島は、前半32分にFW渡のシュートで追い付いたがその後は決め手を欠き引き分けた。前半11分に先制を許した徳島は、サイドチェンジを繰り返してゴールに迫り32分、MFカルリーニョスのロングクロスを受けたMF広瀬がゴール前中央付近にパスを送り、渡が飛び込み同点とした。後半は再三、ゴールに迫ったがシュートが2本に終わるなど決定機をつくれなかった。