徳島インディゴソックスは20日、高知県土佐清水総合公園多目的広場で高知と対戦し、8-5で逃げ切り2連勝した。通算成績は5勝6敗2分け。

 徳島は一回1死一、三塁から小林の右前打で先制すると、橋本の適時三塁打などでこの回一挙5点を奪った。2点差に迫られた五回には1死二、三塁から小林と渡辺の適時打で3点を加え突き放した。四回途中から登板した山藤が2失点と粘りの投球で今季4勝目を挙げた。