サッカーの高円宮杯U―18(18歳以下)2018プリンスリーグ四国は8日、高知県の土佐西南大規模公園多目的広場で最終節の5試合が行われた。

 2位の徳島ヴォルティスユースは5―1で高知西高を下し、15勝1分け2敗で勝ち点を46に伸ばしたものの、首位の愛媛FCユースが4―0で大手前高松高を破り、15勝2分け1敗の勝ち点47としたため、2連覇はならなかった。徳島市立高は11勝3分け4敗の勝ち点36の3位で終えた。

 徳島ヴォルティスユースの岩佐瞭希が21得点で得点王に、9アシストの山田誠人がアシスト王となった。愛媛FCユースがプレミアリーグプレーオフ(14、16日・広島県)に出場する。